FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月のレッスン

まるで梅雨のようなここ数日のお天気ですね・・・。
バカンスを前に皆様体調を崩されないようにご自愛くださいね。

さて、6月はさくらんぼのお菓子から。

サブレブルトンスリーズ

今年はさくらんぼが出始めるのが遅かったようですが、やっとマルシェや八百屋さんで見かけるようになりました。
せっかくなのでこのさくらんぼをたっぷりと使ってお菓子を作ってみましょう。

少し塩味を効かせたサブレ・ブルトンを土台にして、サワークリームを塗り、そしてたっぷりのさくらんぼのコンポートを乗せます。
サクサクホロホロのサブレ・ブルトンと甘酸っぱいさくらんぼ。美味しくないはずがありません!
さくらんぼのコンポートはゼラチンで少しだけ固めましょう。これでコンポートするときにできた美味しいジュースも余すことなく食べられますね。

サブレ・ブルトンはこういう風にお菓子の土台にすることもよくありますが、パレ・ブルトン、ガレット・ブルトンなどとも呼ばれ、クッキーとして普通に食べられているお菓子でもあります。
バターたっぷりのとてもリッチな生地で、サクサクサクサクとあっという間にお腹に収まってしまう、実は恐ろしいお菓子なのです・・・。


2品目は紅茶のフィナンシェです。

紅茶のフィナンシェ

フィナンシェは卵黄を使わず卵白のみで作るので、”卵白処理”のお菓子としても知られていますね。
ということで、サブレ・ブルトンで余った卵白を使いましょう(笑)
卵白処理、などというなんとなくネガティブなイメージとは逆に、フィナンシェという名前は「金満家」「金融」「お金持ち」と、なんともありがたい意味を持っています。
さらに、よくある長方形も金の延べ棒をイメージしているとも言われています。

しっかりと焦がしたバターの風味が特徴のお菓子で、そのバターをきれいな色に焦がすところだけ気をつければ、後は混ぜて焼くだけの簡単おやつです。


*今月のお持ち帰りはさくらんぼのサブレ・ブルトンです。
 直径18㎝の物を1台お持ち帰りいただきますので、それが入る容器をご持参ください。

*さくらんぼの種取りをしていただきます。
 汁が飛ぶので、エプロンを忘れずにご持参ください。

*6月は24日(金)が最終レッスンとなります。お早めのご予約をお願いいたします。
 
*お問い合わせ、ご予約は gouterparis@gmail.com までどうぞ。

*ロールケーキの受注販売を始めました。
 詳しくはこちらまでどうぞ

スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://ktumi2.blog119.fc2.com/tb.php/111-0fa528e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。