FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9、10月のレッスン

ご無沙汰しておりますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
楽しい夏休みを過ごされましたでしょうか?

長いお休みをいただいた”GOUTER”ですが、9月26日(月)よりレッスンを再開いたします。
尚、9月の1週間と10月1ヶ月間は同じメニューのレッスンとなりますので、ご了承ください。

この夏は暑かったり、寒かったり、雨が続いたりと変な天気のパリでしたが、それでも朝晩はすっかり秋の気配が感じられるようになりました。
1品目は、今が旬のクウェッチ(quetsche)のタルトです。

クウェッチのタルト

クウェッチは夏から秋に出回るプラムの1種で、生で食べてももちろん美味しいのですが、火を通すと甘さと酸味がより引き立ちます。

クウェッチの下にはほんのり紅茶風味のクレーム・ダマンドを敷いていて、紅茶の風味によりさらに味わい深くなっています、といつもの自画自賛です。

外側のタルトは予め空焼きしておくことで、よりサクサクとした食感になります。
さらにクウェッチを乗せて焼きますが、このときにもじっくりと時間をかけて焼くことで、甘く、酸っぱく、そして柔らかく仕上がるのです。


2品目はチョコ・チョコクッキーです。

チョコチョコクッキー

名前の通り、スイートチョコレートとホワイトチョコレートのクッキーです。
スイートチョコレートの部分は、甘さを控えた柔らかいソフトクッキーになっています。
その甘さ控えめのところに、甘~いホワイトチョコレートがツンツンとくるわけです。
一口サイズに作ってありますが、全てのクッキーに同じ数のホワイトチョコレートが入っているわけではありませんので「あ、今のは甘かった!」「今のはホワイトチョコが1個しか入ってなくて寂しかった...」と、1個ずつの変化も楽しんでいただけます(笑)。

作り方は溶かして混ぜるだけ、です。
唯一手間のかかることといえば、出来上がった生地を1個ずつ丸めることくらいでしょうか。
焼き時間も短いので、「あ、食べたい!」と思い立ってから1時間もしないで食べることができる、お手軽おやつです。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://ktumi2.blog119.fc2.com/tb.php/58-dfb30f85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。