FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月のレッスン

さて、バレンタインですね。
何か他のお菓子を作ってみたいと思いつつも、2月はやはりチョコレートに落ち着いてしまいます。
たとえバレンタインがなくても、寒い日が続く2月はなんとなくチョコレート系のお菓子が食べたくなるのも事実なのですが(笑)。

くるみのチョコケーキ

まずはこちらのケーキから。
私にとってとても懐かしいお菓子なのです。
たしか初めて買った本格的なお菓子の本に載っていたレシピです。
その頃の私が作っていた他のお菓子と比べてもかなり手の込んだ作り方でしたが、それでも周りの人に褒めてもらったこともあり、得意になって何度も作っていました。
月日は流れてウン十年。
偶然パリでこの本に出会い(私の本はたぶん実家にあるはず)、これはどうしても作らなければ!となったわけです。

あの頃の私よりも少しはお菓子作りのテクニックも上達しているはず。
あの頃使っていた材料よりもきっと今手に入る材料の方が美味しいはず。

結果は、一口食べてあの頃の思い出がいろいろと浮かんできたほど「何も変わらないそのままの味」でした。
記憶というのは本当に不思議なものですね。

レッスンでは本のレシピそのままではなく、少しだけアレンジしています。
本のレシピではチョコレートは使わずにココアのみを使用していますが、少しだけコクをプラスするためにチョコレートを使ってみました。
下はしっとりガトーショコラ。上はそこに濃厚なくるみ入りチョコレートソースを染みこませてあります。


チョコマドレーヌ

2品目は、簡単にできるマドレーヌ。こちらもチョコレート味で作ってみましょう。
シンプルなバニラ風味のマドレーヌが好きですが、チョコレートや抹茶など他の味のマドレーヌも捨てがたいものです。
材料も家にあるものばかりだし、混ぜるだけだし、食べたい時が作り時!
・・・と簡単にはいかないのです、実は、マドレーヌは。
生地を作って一晩冷蔵庫で寝かせると、ぐっと美味しくなり、さらに美味しいマドレーヌの特徴であるおへそもポコンと出やすくなります。

さて、このマドレーヌにはちょっとだけ秘密があります。
写真では見えませんが、どんな秘密でしょうか?
レッスンで実際に確かめてみてくださいね。


*今月のお持ち帰りはくるみ入りチョコレートケーキです。
 直径15㎝の丸型で焼きますので、それが入る容器をご持参ください。




スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://ktumi2.blog119.fc2.com/tb.php/63-f81ca12f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。