FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月のレッスン

今年もあっという間にさくらんぼの季節になりました。
ということで、今年は豊作だというさくらんぼのお菓子から。

クラフティクランブル

さくらんぼを使ったお菓子の中ではいちばんポピュラーなクラフティです。
卵と生クリームを混ぜて作るアパレイユ(生地)にさくらんぼをたくさん散らして焼き上げます。
クレープとプリンの中間のような、ちょっともっちりとした食感の生地と甘酸っぱいさくらんぼが良く合います。

今回はそこにサクサクのクランブルを散らし、さらに食感と味にニュアンスを加えてみました。
レッスンではそのクランブルも最初から作りますが、クランブルは冷凍保存ができます。
一度にたくさん作って冷凍しておけば、クラフティの生地の方は5分もかからずに作れますので、焼き時間を除けば本当にあっという間にできあがるお菓子です。


2品目は赤いフルーツのゼリーです。

ベリーゼリー

なぜかフランスではあまり見かけることのないゼリーですが、無いとなると食べたくなりますよね。
ゼリーの種類バリエーションは無数にありますが、基本は「液体にふやかしたゼラチンを加えて溶かし、冷やして固める」だけのものです。
自分で作ればゼラチンの量も調節できるので、好みの固さのゼリーを作ることができます。

レッスンではゼリー液にリモナード(サイダー)を加え、より夏らしくシュワシュワのゼリーにしてみました。
写真のシュワシュワの泡が見えますか?
そしてゼリーの中にはフランボワーズやカシスなどの赤いフルーツを入れましょう。
今回は冷凍のフリュイルージュ(赤いフルーツ)を使いましたので、全体にとてもきれいな色のゼリーに仕上がりました。


*今月のお持ち帰りはさくらんぼのクラフティクランブルです。
 20㎝×15㎝のアルミの型で焼き、そのままお持ち帰りいただきます。
 それが入る容器か、底のしっかりした袋などをご持参ください。


スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://ktumi2.blog119.fc2.com/tb.php/87-e55b745b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。