スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月のレッスン

もう2月なんて・・・!バレンタインデーの準備はできていますか?
2月はチョコレートのお菓子が2品です。

1品目はタルト・オ・ショコラ。

タルト・オ・ショコラ

空焼きしたタルト生地に、チョコレートたっぷりの濃厚なアパレイユを流してもう一度焼きます。粉やココアの入らないアパレイユは、焼いてあるのにまるでガナッシュを食べているような食感。
タルト生地にもココアを混ぜ込み、甘くほろ苦く、大人のタルトに仕上げました。
ポイントはただひとつ、焼き過ぎないこと。 焼き過ぎるとぼそぼそになってしまうので、オーブンのタイマーセットは忘れないようにしてくださいね!
そのまま食べてもいいのですが、ここは甘くないトロリとした生クリームを添えたいところです。
もしくは・・・ブランデーやグランマルニエなど、香りの高いお酒をほんの少し振りかけるのもまた格別です。


2品目はココアの絞り出しクッキーです。

名称未設定

卵を使わずに作るサクサククッキーでバレンタインのメッセージはいかがでしょうか?
クッキーを焼く前に文字を絞り、ココア生地と一緒に焼き上げます。
焼きあがった後にチョコレートなどで書いているのではないので、手にくっ付いたり溶けたり剥げたり・・・ということがありません。
消えない愛のメッセージというわけですね(笑)

生地を休ませる必要もなく焼き時間も短いので、作ろうと思い立ってから1時間もかからずに出来上がってしまう簡単クッキーです。


*今月のお持ち帰りはタルト・オ・ショコラです。
 直径18㎝のものを1台お持ち帰りいただきますので、それが入る容器をご持参ください。

*ロールケーキの販売も行っております。
 詳しくはこちらからどうぞ。

*お問い合わせ、ご予約は gouterparis@gmail.com までお願いいたします。

1月のレッスン

明けましておめでとうございます。
本年もお菓子教室 *GOUTER*をどうぞよろしくお願いいたします。

さて、1月といえばガレット・デ・ロワですね。
今年の *GOUTER*のガレット・デ・ロワはキャラメルです。

ガレット・デ・ロワ

キャラメラーの私がなぜ今までキャラメルのガレット・デ・ロワを作らなかったのか、その存在に気づかなかったのか、不思議でしかたありません!
というわけでキャラメルです。
キャラメルはしっかり焦がして色を付け、香りとほろ苦さを引き出しましょう。 苦くなってはいけません。ほろ苦さです(笑)
そのしっかり色を付けたキャラメルを、たっぷりとクレーム・ダマンドに混ぜ込みます。
その上から香ばしいくるみを散らし、時々歯に当たる楽しさも加えてみましょう。

フィユタージュ(折り込みパイ生地)はレッスンでは作らず、市販のものを使用します。
一番手間のかかる工程は市販のものに頼り、中身をいろいろとアレンジして手軽に何度も作って楽しむのもいいのではないでしょうか?
まずはレッスンで成形のしかた、模様の付け方、最後の艶の出し方などを見ていってくださいね。


2品目は簡単デザート、ヨーグルトプリンです。

ヨーグルトプリン


ムースよりももっと簡単”溶かして混ぜて固めるだけ”のデザートです。
とはいえ、食感が変わると感じも変わり、ヨーグルトをそのまま食べるのとはまた違う味わいがあります。
ソースを変えればさらにいろんな表情を見せてくれます。
レッスンではブルーベリーのソースを添えていただきましょう。


*今月のお持ち帰りはガレット・デ・ロワです。
 直径18㎝のものを1台お持ち帰りいただきますので、それが入る容器または底のしっかりした袋をご持参ください。

*フェーヴはお一人様につき1個ご用意しております。(そのままお持ち帰りください)
 もし複数個入れたい場合は、その分のフェーヴをご持参ください。

*ロールケーキの販売も行っております。
 くわしくはこちらからどうぞ。

*お問い合わせは gouterparis@gmail.com までよろしくお願いいたします。

11月のレッスン

10月の最終日曜日で冬時間に代わり、日本との時差は8時間です。
そして一気に日が暮れるのが早くなりました。

さて、11月のお菓子はこちらから。

マロンティラミス

マロンのティラミスです。
栗とコーヒー?と一瞬思ってしまいがちですが、これが意外と合うのです。
甘くてこっくりした味わいのマロンクリームと、甘さを抑えたコーヒーシロップ。表面のココアも負けていません。
レッスンでは1人分ずつのカップで作ってそのままサーブしますが、大きな器にたっぷりと作りそれぞれが好きなだけ取り分けて食べるのも楽しいものですね。

今回はマロンクリーム、マスカルポーネクリーム共に卵の入らないレシピです。
フワフワと軽いものではなく、クリーミーでしっかりとした食感に仕上がりますので、小さめに作って食後のデザートにしてもぴったりですね。
底から、コーヒーシロップをたっぷり染み込ませたビスキュイ、マロングラッセを忍ばせたマロンクリーム、マスカルポーネクリーム、ココア、です。


2品目はホワイトチョコ入りコーヒーのケイク。

コーヒーケイク

こちらはコーヒーがメインのバターケーキ。
コーヒーは溶かして生地に混ぜ込む分と、粒のまま混ぜ込む分とを分け、ほんのちょっとのアクセントです。
ほろ苦いコーヒー味の生地の中にミルキーで甘いホワイトチョコレートを混ぜ込んでみました。
今回はホワイトチョコレートですが、ミルクチョコレートもよく合います。
また、カカオ分の高いダークなチョコレートにすればグッと大人の味になりますので、こちらもどうぞお試しください。

バターを泡立てて作る、基本のバターケーキです。
がんばって泡立てて美味しいケーキに仕上げましょうね。


*今月のお持ち帰りはコーヒーケイクです。
 17㎝×8㎝の型で焼き、そのままお持ち帰りいただきます。
 それが入る容器か、底のしっかりした紙袋などをご持参ください。

*お問い合わせは gouterparis@gmail.com までどうぞ。

*ロールケーキの販売も行っております。
 詳しくはこちらからどうぞ。



10月のレッスン

楽しかった夏休みははるか遠く、子どもたちは新学期になり、あっという間に9月も終わりですね。
皆様いかがお過ごしですか?

10月のお菓子の1品目は、ハロウィンにちなんでここ数年続いているかぼちゃのケーキ。
今年はかぼちゃのチーズケーキです。

かぼちゃチーズケーキ

どっしりとしたチーズケーキに負けないように、かぼちゃの味もしっかりと出していきましょう。
底には少しのアクセントとして、シナモン風味のクッキーを敷き込んでいます。
ベイクドタイプのチーズケーキは、材料を順々に混ぜていくだけですが、ひとつの材料を加える度にダマにならないように丁寧に混ぜていきましょう。
今回は濃厚な食感を出すため、そしてサイドにもきれいな焼き色を付けるために、湯煎焼きではなくダイレクトに焼いていきます。
同じ生地でも湯煎焼きにするとまたちょっと違う感じに仕上がるので、ご自宅で作る時には湯煎焼きも試してみてもいいですね。

写真の飾りはチーズクリームで蜘蛛の巣を描いてみましたが、こちらはお好みでいろんな飾りを楽しんでくださいね。


懐かしマドレーヌ

2品目はずっと作りたかったマドレーヌです。
”おヘソ”がポコンと飛び出た貝の形のマドレーヌではなく、表面は平らでフワッと軽い昔風の懐かしいマドレーヌ。
お菓子を作りはじめてそれほど経っていない頃、マドレーヌ型というのは丸くて縁がフリフリしているこの形だと思っていました。間違ってはいないのですが、本場のマドレーヌが全く違う形をしているという事を知った時にはちょっとだけ衝撃を受けた(笑)のを覚えています。
そして欠かせないのは中に敷く紙。これもノスタルジー溢れる物のひとつですね。

さて、懐かしいマドレーヌと本場のマドレーヌの違いはといえば・・・。
卵を泡立てるか泡立てないか、です。 もちろん他にも細かい違いはありますが、大きな違いは卵の泡立てです。
今回いろんなやり方を試し、辿り着いたのは「別立て」でした。メレンゲの中に卵黄を混ぜ込んでいくやり方です。
しっかりとツヤのあるメレンゲの作り方も見ていってくださいね。

フワフワと軽い懐かしのマドレーヌですが、口に入れると”ウクウク”と口の中の水分を持っていかれます(笑)
そこにぴったりと合うのは冷たい牛乳です。コーヒーよりも紅茶よりも牛乳です。これもノスタルジーがそう思わせるのでしょうか?


*今月のお持ち帰りはかぼちゃのチーズケーキです。
 直径15㎝のものを1台お持ち帰りいただきますので、それが入る容器をご持参ください。

*お問い合わせ、ご予約は gouterparis@gmail.com までどうぞ。

*ロールケーキの受注販売もやっております。
 詳しくはこちらまでどうぞ

6月のレッスン

まるで梅雨のようなここ数日のお天気ですね・・・。
バカンスを前に皆様体調を崩されないようにご自愛くださいね。

さて、6月はさくらんぼのお菓子から。

サブレブルトンスリーズ

今年はさくらんぼが出始めるのが遅かったようですが、やっとマルシェや八百屋さんで見かけるようになりました。
せっかくなのでこのさくらんぼをたっぷりと使ってお菓子を作ってみましょう。

少し塩味を効かせたサブレ・ブルトンを土台にして、サワークリームを塗り、そしてたっぷりのさくらんぼのコンポートを乗せます。
サクサクホロホロのサブレ・ブルトンと甘酸っぱいさくらんぼ。美味しくないはずがありません!
さくらんぼのコンポートはゼラチンで少しだけ固めましょう。これでコンポートするときにできた美味しいジュースも余すことなく食べられますね。

サブレ・ブルトンはこういう風にお菓子の土台にすることもよくありますが、パレ・ブルトン、ガレット・ブルトンなどとも呼ばれ、クッキーとして普通に食べられているお菓子でもあります。
バターたっぷりのとてもリッチな生地で、サクサクサクサクとあっという間にお腹に収まってしまう、実は恐ろしいお菓子なのです・・・。


2品目は紅茶のフィナンシェです。

紅茶のフィナンシェ

フィナンシェは卵黄を使わず卵白のみで作るので、”卵白処理”のお菓子としても知られていますね。
ということで、サブレ・ブルトンで余った卵白を使いましょう(笑)
卵白処理、などというなんとなくネガティブなイメージとは逆に、フィナンシェという名前は「金満家」「金融」「お金持ち」と、なんともありがたい意味を持っています。
さらに、よくある長方形も金の延べ棒をイメージしているとも言われています。

しっかりと焦がしたバターの風味が特徴のお菓子で、そのバターをきれいな色に焦がすところだけ気をつければ、後は混ぜて焼くだけの簡単おやつです。


*今月のお持ち帰りはさくらんぼのサブレ・ブルトンです。
 直径18㎝の物を1台お持ち帰りいただきますので、それが入る容器をご持参ください。

*さくらんぼの種取りをしていただきます。
 汁が飛ぶので、エプロンを忘れずにご持参ください。

*6月は24日(金)が最終レッスンとなります。お早めのご予約をお願いいたします。
 
*お問い合わせ、ご予約は gouterparis@gmail.com までどうぞ。

*ロールケーキの受注販売を始めました。
 詳しくはこちらまでどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。